【宿泊・体験記】メズム東京 オートグラフコレクション で絶景ガーデンビュー宿泊!ラウンジ・子連れ・添い寝情報も網羅!

メズム東京テラス ホテル

【宿泊・体験記】 こんにちは、管理人のぱんだらです。2021年2月、メズム東京、オートグラフコレクション に再訪してきました!前回未体験だったメズム東京のクラブラウンジ、バルコニー付きガーデンビューの素晴らしいお部屋や、朝食、新型コロナ感染症対応下でのホテルサービス、子連れ添い寝情報など、たっぷりご紹介していきます。

トピックス&アクセス

2020年7月に開業したばかりのメズム東京(2020年5月OPEN)に宿泊してから半年・・、高まるばかりのメズム東京の評判を聞き、前回体験できなかったクラブラウンジとバルコニーの展望がどんなものなのか気になり過ぎて、家族四人で再訪してきました!(一回目の宿泊記はコチラ

結論・・メズム東京は通常ルームも素晴らしいけど、クラブラウンジとバルコニー付きのお部屋の魅力は、レベル違いのものでした。「五感で感じる」というメズムの掲げるテーマが、すとんと胸に落ちてくるような、ぱんだらにとって忘れられない、価値ある体験になりました。(・・と、真面目に語ってしまうくらい、と、バルコニーから眺めた景色・空気の素晴らしさが強烈すぎました!)

語彙力ないので、余すところなく伝えられるといいのですが、ぜひ読んでいってくださいませ😂

メズム東京、オートグラフ コレクション: 2020年4月27日オープン
東京を取り巻く空気感、人々の流れ、伝統と革新の融合、新しい価値基準など、絶えず変化する東京の“今”に根ざしたサービスやコンテンツを展開することにより、ゲストに新たな発見を提供する、次世代に向けたラグジュアリーなホテルです。

【メズム東京オートグラフコレクション】
東京都港区海岸1-10-30
03-5777-1111
チェックイン 15:00 / チェックアウト 12:00
クラブラウンジ:あり(添い寝の子供無料・子供のカクテルタイム利用制限なし)
※2021年4月1日より変更になります。(詳細は後述)
プール:なし
スパ :なし
フィットネス:あり
添い寝 :添い寝の子供(12歳以下)大人1名につき添い寝の子供1名

車で行く場合

メズム東京の駐車場情報

ホテル駐車場はバレーパーキングのみ・駐車料金はチェックアウトまで4,000円です。
しかし、近くの提携パーキングですと宿泊者料金で2,200円!
マリオットポイント付与対象外ですが、部屋付けOKなのでチェックアウト時に一緒に精算できちゃいます。
(SPGアメックスカードで決済したときにホテル利用分対象になります!)

NPC24Hウォーターズ竹芝パーキング
https://www.npc-npc.co.jp/parking/prefecture-13/city-662/parking-3657/

お車でおでかけの際は参考にしてみてくださいね!

電車で行く場合

電車で行く場合は、最寄り駅はいくつかあります。
・JR山手線・京浜東北線、モノレール「浜松町」駅から徒歩6分
・新交通ゆりかもめ「竹芝」駅より徒歩3分
・都営浅草線「大門」駅 B1/B2出口より徒歩7分
竹芝桟橋に近い海沿いの立地なので、ゆりかもめルート以外は少し歩きますね。

今回は、ぱんだら+下の子は電車で先に行き、夕方から旦那さん+上の子が車で合流というプランを取ったので、ぱんだらはゆりかもめルートで行きました。
汐留駅からメズムまで歩いていくこともモチロンできるのですが、汐留→竹芝へのたった一駅のこのモノレール区間、わりと楽しいんです。

右側がアトレ竹芝 まっすぐメズム東京へ向かって走ってきて横にそれていく電車

電車が、メズム東京の入るビル(ウォーターズ竹芝)にまっすぐ向かってる進路になっていて、先頭車両に乗ってると特に、「mesm」って壁面の文字へ向かってぐんぐん進んで、直前で曲がる様がよく見えて面白い。
これから泊まるホテルの中へ電車で乗り込んでくような錯覚に陥って、ここからもう楽しめます🤩
電車ルートで行くのもオススメです。

今回のお部屋は Chapter2 エグゼクティブツインガーデンビュー

前回滞在したお部屋は、Chpter1 ツインルームでした!(前回はマリオットポイント使用での無償宿泊だったんですよね🥰)

今回は、クラブラウンジとバルコニーからの展望が一番の目的なので、事前にマリオット公式サイトからプランをよく見て「Chapter2 エグゼクティブ ツイン ガーデンビュー」を予約!
クラブラウンジアクセスがついているのが、エグゼグティブルームです。

【メズム東京/クラブラウンジ内容】※コロナ体制営業で変更になる可能性あり
  ・朝食 6:30~11:00(LO10:00)※シェフズ・シアター提供
  ・オールデイスナック 14:00~20:00(土日祝11:00~20:00)
  ・乾杯カクテル 17:00~ 19:00
   (金土日祝日16:00~17:30/18:00~19:30の二部制)
  ※クラブラウンジ利用者には上記が無償提供されます。
  ※アルコール提供はオールデイフリー
  ※2021年3月末までは子供の利用制限はありません。(添い寝子供も利用可)
  (※4月1日より子供利用変更あり※下記述参照)   

【2021年4月1日以降大幅改定あり】
※2021年4月1日よりメズム東京のクラブラウンジ「クラブメズム」が終了、プライベートサロン「クラブメズム」へ移行のニュースがプレスされました。https://www.mesm.jp/news/clubmesm202103081400.html

→有料会員専用サロン化体制(年間120万)へ移行し、今まで、マリオットボンヴォイの会員ステータスが「アンバサダー・チタン・プラチナ」メンバーであれば、ラウンジアクセスつき宿泊プランでない場合もラウンジ利用可能であったのが、今後アンバサダーを除き利用不可になります。有料会員以外へもラウンジアクセス付き宿泊プランは販売継続するようなので、全く利用できなくなるわけではないと思いますが、サービス内容がどう変更になるか、今後の詳細発表が気になるところです。

→子連れ家族に一番手痛い改定は「12歳以下のお子様のご利用及び未成年のお客様の17時以降の入店は不可」ってところです。ぱんだらはもともとゴールドステータスなので、アクセス付きプランを予約しなければ利用できなかったのですが、子供が利用すらできないということであれば・・ホテル選択肢で選びにくくなっちゃうなあ・・!

この「Chapter2 エグゼクティブ ツイン ガーデンビュー」(Chapter1でもいいんですけど)、要はクラブラウンジに行けて部屋にバルコニーがついてる部屋ってのが、結構お値段お高いんですよ😆

ガーデンビュー、と言ってバルコニーと書いたり書かなかったりする違いが不明(同じものです)

うーん😆😆😆 泊まりたいけど、マリオット公式サイト最安で一泊10万近い価格🤔🤔
気軽にいかへんわあ、ということで、ぱんだらはマリオットボンヴォイポイントと現金の合わせ技で予約することにしました!

これであれば、マリオットボンヴォイの50,000ポイントを使って追加で現金30,000円を支払うだけで、10万円近い宿泊プランを楽しむことができます!
しかもぱんだらが予約した日は連休で、現金価格が11万位したので、1ポイント=1.6円くらいの価値で使用できました。貯めたポイント達もきっとポイント冥利に尽きたのではないでしょうか・・(意味不明)

Chapter2 ツイン ガーデンビュー お部屋はこんな感じ!

メズム東京に到着し、16階ロビーフロアへ到着するとタレントの皆さんが迎えてくれます。
(メズムではホテルスタッフを呼称をタレントとしています。)
スカイツリーがすぐ目に入る大好きな設計。そして前回同様、マリオットボンヴォイメンバー専用チェックインカウンターは案内されず(人がいないので、つい通常カウンターに行くしかない動線)無事にチェックイン。

入るとすぐスカイツリーが見える

今回はウエルカムドリンクの提供はありませんでした。他のゲストも同様だったので、コロナ対策としてストップしているのかもしれません。

グランドピアノ 生演奏が披露されることも

今回は、エグゼクティブフロアということで、26階の最上階のお部屋をアサインしてもらいました。

シックさは相変わらず

前回のお部屋とどう違うのか・・!? クマはいるのか!? バルコニーってどんなんなのか??と、心の中のワクワク感がとまりません。ドキドキしながら扉を開けると・・

おったわ。(おるよね。うん。全客室におるし。)

クマさん元気そうで何より、と冷静になったところで、お部屋のチェックです。

ば、バッ、バルコニーあるよぉぉー!!🤣🤣
ガーデンがビューしてるよぉおーー!!😆😆(語彙力)

お部屋の向こうには開けた窓一面、明るい陽光がたっぷり注ぎ込む、ガーデンビューバルコニーが鎮座してるのが見えます。
もうこの時点で大興奮です。

さすがメズム!前回では経験できなかった高揚感がそこにあるッ!
そこにシビれる!あこがれるゥ!
一部屋ずつにこれがついてる・・だ、と・・?
バルコニーの奥行きの広さったら・・!!ここで暮らせるッ!

バルコニーから見渡せる景色を見た瞬間、この部屋の予約を取った自分をほめてあげたくなりました。(割と簡単に自分をほめます)
実は、予約前、バルコニーつきにするかどうか迷ってたんですよね。クラブラウンジにもガーデンビューテラスがあるので、外の景色はラウンジに行って楽しめばいいかな・・、と。エグゼクティブフロアの予約だけして、バルコニーなしでもいいじゃん?と。(金額的には10,000円の差があったので、部屋にバルコニーあるかないかでそんなに大差あるかなあ、と思ったりもしてました。)

でも、バルコニーつきにして本当によかった。

朝、コーヒーを飲みながら明けていく街並みを眺める贅沢
特別な景色を好きな時間に独り占めできる贅沢
この時間と経験こそが得難い価値だなと

高層階マンションに住んでいる人って毎日こんな光景見てるのかしらと想像を働かせつつ(ウチは安定の低層階ですw)、バルコニーから移り行く空の色と街並みを眺めながら、こんな専用バルコニーで過ごせるって最高のひとときだな、と思いました。
うまく伝えられなくてもどかしいですが、バルコニー有無両方のお部屋に宿泊したぱんだら的には、今後メズムに泊まることがあったら、通常のお部屋では物足りなくなってしまうだろうなと思うほど、素晴らしい経験でした。

さて、お部屋の紹介に戻ります。

ベッド向こうにあるのはバスルーム シェードが下ろせます

お部屋の広さは43㎡ありますので、とてもゆったりとした作り。(メズムは全部屋広めです。)
子供用アメニティもそろえてくださってました。

かわいい~ ルームシューズは20センチ以下の小さめキッズ用
大きなモニター(スマートTV)とで電子ピアノもモチロン健在

バスルームも相変わらず素敵です。

ガラス張りですが、ボタン操作でシェードがおります。
物語の本のようなアメニティBOX(箱は備品なので持ちかえり禁止~)

今回、前回はしなかった女性用アメニティのリクエストを入れてみたところ、コチラを無償でご用意いただきました。ありがとうございます😊😊

雪肌精・化粧水と乳液のセット 嬉しい

他のアメニティがメズムオリジナル製品「THE BLEND」なので、「雪肌精」アメニティの登場は意外でしたが、とても使いやすくて嬉しかったです。

オリジナル製品「THE BLEND」 BUKL HOMMEとのコラボ製品 いい匂い

ミニバーの中には、ミネラルウォーター4本とハートランドビール2本、オレンジジュース2本の瓶が。こちらは、無料でのご提供です。(前回はジュースはなかったのですが、添い寝の子供情報が今回は連携がされているので、キッズアメニティやジュースの手配があるのねと推測)
ミネラルウォーターは、お代わりのリクエストOKです。

お抹茶がたてられるセットや、猿田彦コーヒーのドリップ式セットもあるので(メズムはカフェポッドでないハンドドリップなのです。それもまたいい・・😊😊)ミネラルウォーターをお代わりいただけて、お茶も大変楽しめましたよ💖

クラブラウンジ「クラムメズム」

さてさて、クラブラウンジはどんなところなのか。25階の廊下奥にあるのが「クラムメズム」

エレベータを降りて廊下の一番奥にあります
この向こうにどんな空間が・・?キーをかざして入室します!

入室するとルーム番号を聞かれます。
中はとても広く、69席とゆとりある配置になっています。

ものすごいゆったりした空間
奥には長テーブル席も
外のバルコニー テーブルやソファ席もあります

こちらのラウンジはオールデイアルコールフリー。お酒が好きな方にはたまらないですね!
オールデイスナックで提供されるライトスナックも、美味しそうなものばかり。フルーツもあります。
クッキー、サブレ、スノーボール、あられ、パウンドやガトーショコラなどの焼き菓子、ごま団子やサンドイッチなどもありました!

ひとつひとつが手が込んでいる印象 和菓子や中華菓子が登場するのもオツ

早速、バルコニーで外の景色を楽しみながらティータイム。最高すぎませんかこれ。

ブランケットも貸してくれます
翌日はバルコニーのカウンター席から

この日は肌寒かったので、少ししてから中に戻りましたが、初夏や夏なんてここのバルコニーで夜景を観ながら飲むお酒は最高だろうな~、と思います。(ぱんだらはあまり酒強くないけども)

ソファー席もゆったりとくつろげます 親子で読書(今後子供NGなのほんと悲しい)
お茶菓子がとっても美味しい

夕方からの乾杯カクテルタイム。
混雑を避けるため、二部制になっていた時間の後半タイムに参加しました。18:00少し前に25階に行くと、すでに5組以上のゲストグループが廊下に揃って並んでいて、ちょっと密に。予約制にはしていないということでしたが、予約制のほうがいいのでは・・と思ったひと時でした。
メズム東京のカクテルタイムは、おつまみのメニュー種類が豊富!
コロナ下で提供方式が難しくても、種類豊富なコールドメニュー、ホットミール提供もあり、かつデザートまでそろっていて、どれもとっても美味しい!!

コールドミート、エスカベッシュ、鶏のブラウンシチュー、マッシュポテトなど様々
デザートもたくさん 変わりどころでおはぎ!

ぱんだらはお酒があんまり強くないので、オリジナルのノンアルコールカクテルを何杯かお願いしました。その場のアレンジで作っていただいた、オレンジジュースベースと炭酸ベースのカクテル、とっても美味しかったです。
サーブされたアペタイザー類はおつまみ・・というよりも、もう立派なお料理でしたが、お代わりもお願いできるので、お気に入りメニュー(私は鶏シチュー)をリピートでいただいたりして、かなりおなか一杯になってしまいました。
夕食用に隣のアトレ竹芝のブルーフィンhttps://tabelog.com/tokyo/A1314/A131401/13252877/でバラちらしの折詰めを購入していたのですが、かなり時間経過した後にならないと食べられなかったです。(レストランが20:00クローズのため、事前に買い込んだのがアダとなった😆しかも海鮮笑)


ちなみに夜のラウンジ・バルコニーから見た夜景。

こんな空間でデートしたら1000%うまくいきそう
ブルーな橋、アクセントになってキレイ!!

シェフズ・シアターでいただく朝食

自室のバルコニーでも夜景を見ながらハートランドビールをいただき、ベッドの上で家族全員で寝転がって映画を鑑賞し、更けゆく竹芝の夜を満喫した後は、180センチのベッドで就寝へ・・(子供添い寝も終盤にさしかかってきたぱんだら家は、このくらいのサイズでないと添い寝が厳しくなってきたw・・)

翌朝、早めに目を覚まして、やっぱりバルコニーに出て、朝の街並みを眺めます。

明けていく空。珈琲片手にぼんやりと眺めるひとときが至福です。

周辺を散歩したりなどしてから、みんなで朝食へ。16Fにあるレストラン「シェフズ・シアター」でいただく朝食です。
前回滞在したときは、朝食は取らずにランチをここでいただいたのですが、朝食はどんな感じなのでしょう。ホテルでいただく朝食が、実は夕食より大好きなぱんだらは、期待にあふれて向かっちゃいます。

子連れファミリーということで配慮いただいたのか、奥まった個室のお席に案内されてメニューの案内。
通常の「エグゼクティブブレックファスト」と「メズム・ブレックファスト」(1,500円税サ別の有償アップグレード)が提供可能とのこと。

劇場の演目のよう

メズム・ブレックファストと通常のメニューの大きな違いは、「五感ドリンク」の提供や料理の材質の違いなど。「五感ドリンク」はすごく気になったのですが、明らかに子供たちが飲まなさそうだったので、今回は通常の「エグゼクティブブレックファスト」をチョイス。
それからメインの料理を選びます。スクランブルエッグ・オムレツ・パンケーキから一品。これは一度限りの提供ですが、他のメニューはお代わり自由なのでお好きに楽しんでください、とのこと。
ぱんだらと旦那さんはオムレツ、こどもたちはパンケーキをチョイスしました!

珈琲、紅茶、ジュース各種はお代わり自由なので、いろんな種類を楽しむことができます。

フレッシュジュース フルーツ サラダ ヨーグルト

このあとクロワッサンとミルクパンのブレッドがきます。このミルクパンがとても美味しかったのでお代わりをお願いしようとしたら、「他にもブレッドがありますので、そちらをぜひご覧ください。」とおしとどめられ(笑)、ブレッドはこの種類だけと思ってたぱんだらはビックリ。

そしてガラガラガラとワゴンで連れてこられたのが下のブレッド軍団です。
(きっと出番はもっと後の予定だったのでしょう・・。ぱんだらのピッチの早いパンくれ攻撃に急遽駆り出されてきた様子)

えつ、何君たち・・!!そんなに炭水化物なのに後から来る気だったの!?

いや逆に早くてよかったよ・・!!こんなん後から来られたら、入らなかったよ!(今食べてもメインのオムレツまだきてないんだけど・・)
あれこれもしや!?メズムの朝食ってメガ盛り系!? 
と、おなかの具合と相談しながらそれでもペストリーとマフィンを一個ずついただきました。(パンケーキを待つ子供たちは首を振って辞退。親と違って自制できてるな・・。)
そしてまたペストリーもマフィンもうまうま・・。珈琲と一緒にいただいてましたが、それとめっちゃ合う。
と、そこに、メインのオムレツ登場。とろふわのオムレツにクリーミーでふわふわなきのこのシャンピニオンソースが添えられてます。そしてカリカリのベーコンとジューシィなソーセージも。

ボ、ボリューミィ!! 量だけでなく、見た目もキレイ、味も美味しい~。オムレツはソースと絡めて軽い口当たりなのでさらっと食べられるし、カリカリベーコンは羽のよう。塩気がほどよいソーセージは、うま味がたっぷりです。

芸術作品みたいなプレート。五感を楽しませるこだわり、さすが

こどもたちのパンケーキも。
ひとくちもらいましたが、しっとりしてるけどふわふわ、上品な甘さ。子どもたちもニコニコ顔で
「美味しい😊😊」と食べてました。

これはブレッド頼まなくて正解。なぜ卵料理カテゴリ・・?
最後にふわふわのラテをいただいて・・ごちそうさま

本当に素敵な朝食でした。
しかし、ハイ定番、おなかいっぱい動けないシリーズです。(いい加減学ぼう・・)

朝食後、レイトチェックアウトの14:00まで時間がたっぷりあったので、ウォーターズ竹芝を散歩しました。

結構散歩するのに穴場な感じ
パンやお弁当などを食べたりしている人が多くて、密でもなく、気持ちよさそう

いやー、ほんとメズム東京のすごさを、魅力を、半年前のぱんだらは全然わかっていなかった・・!!今回つくづく思い知ったステイでしたし、また知れてよかったです。

非日常を五感で楽しむこと。ホテルが伝えたいこと、受け取れたような気がする、と言ったらおこがましいかもしれないけど。いつかまた来たい。あのバルコニーで座って空を眺めたいな、と思う特別な時間を過ごせました。

今回の予約もマリオット公式から!

今回も、いつも通りのマリオットボンヴォイ公式サイトとSPGアメックスカードを駆使してお得にステイしてきましたよ!

今回もポイント&キャッシュという、マリオットポイントとキャッシュを組み合わせてお得な予約をすることができました!

冒頭記載の通り、50,000ポイント+30,000円くらいの予約でした。(しかしこの日の「Chapter2 エグゼクティブ ツイン ガーデンビュー」の現金価格は、マリオット公式で11万円弱程度の価格だったので、1ポイント1.6円程度でポイント利用ができたと思います!)

そのマリオットって?ポイントって?という説明はコチラの記事でご紹介
マリオットボンヴォイ入会方法はコチラ。

【SPGアメックス未入会の方へ】
SPGアメックスカードは年会費が34,100円(税込)かかりますが、紹介プログラムから入会すると、紹介ポイントが36,000ポイント(入会3か月以内に10万円利用が条件)もらえるため、年会費以上の価格価値のあるホテル宿泊することが可能です。

家族旅行するなら絶対にSPGアメックスカードを持っていたほうがお得!!(断言)ぱんだら家には小学生2人いますが、ほんともっと早くこのカードとマリオットボンヴォイのメンバーになっておけばよかった・・!!と歯ぎしりするほど、めっちゃお得です・・。SPGアメックスにご興味がでてきて、かつ紹介してくれるひとがいないよってときはぜひ、ぱんだらの紹介プログラムを使ってみてください!

お問い合わせはコチラから↓↓↓(お名前はニックネームでOKです)
メールアドレスは必須です!ご記入いただいたアドレスあてに紹介URLをお知らせします。
では、マリオットの楽しい世界で、お得なホテルステイ、家族旅行をお楽しみ下さいね!!


タイトルとURLをコピーしました