【解説】マリオットボンヴォイ・ホテル宿泊のポイントがなかなか付与されない・・!?そんな時は事後加算申請で解決!申請方法をわかりやすく説明します!

ポイント事後加算について マリオットボンヴォイ
ポイント事後加算について

【解説】ぱんだらのブログへようこそ!😆
マリオットボンヴォイの中身とその魅力についてこちらの記事で、マリオットボンヴォイ新規入会についてはこちらの記事でご案内しているので、ぜひご覧ください🥰🥰

今日は、実際にマリオットホテルステイを経験して、素晴らしい時間を過ごした後の、ワクワクした「ポイントどれくらいついてるかな!?」気分を不穏な気持ちに一変させる「ポイントがなかなかつかない(付与されない)時」の対処法についてご案内します。

ちょうど、ぱんだらもホテル宿泊分が、ウエルカムギフト分のみしか反映せず、ホテル宿泊支払分が未反映なので問い合わせを済ませたところです。
→「ポイント&キャッシュ」で予約した宿泊分は、ポイント獲得対象にならないとのこと!
(規約は読んだら確かにそうでした!)

昨年の2020月11月10日まで開催中の1滞在2,500ポイント付与キャンペーンで、3回目滞在後の追加ボーナスの5,000ポイントがついてない!!という声が多数でているようですが、マリオットデスクへ確認したところ、キャンペーンが終了する11月10日以降3週間後を目途に付与されているそうですよ!

ポイントはホテルステイ後どれくらいで付与される?

マリオット公式サイトでは、ホテルステイで獲得したポイントの付与タイミングについては「滞在のポイントが加算されるまで、チェックアウト後最大10営業日かかる場合があります」としています。
ぱんだらの経験値では、大体滞在から数日後までにはポイントが付与されている印象です。

マリオット系列ホテルステイ時のポイントの獲得の流れとしては、

  1. ウエルカムポイント(500もしくは1,000ポイント・ないホテルもあり
  2. ホテル利用代金分のベースポイント
  3. エリートステータスごとのボーナスポイント
  4. キャンペーンがあればキャンペーンポイント

という順で発生していき、ステイ終了後、ホテル側の処理が終われば、マリオットボンヴォイの会員アカウント上に「アカウントアクティビティ」として表示されるようになります。


もし、SPGアメックスカードでホテルステイの代金を支払いしたのであれば、

  5. SPGアメックスマリオット利用ボーナス(100円で6ポイント)

が加わります。
SPGアメックスで発生したマリオット利用ボーナスは、あくまでアメックスのアカウント上で管理され、後日月次でマリオットアカウントへまとめて連携されます。

マリオット公式サイトマイページ・アクティビティから確認できる

参考までに、ある日のぱんだらのマリオットボンヴォイ・マイページからアクティビティを確認した画像がコチラ。(ポイント失効について記載がありますが、毎月何らかの利用があるので実質無期限状態になってます。)

緑枠で囲った部分が、SPGアメックスカードからの移行分
SPGアメックスカードで、ホテル支払分を決済し、100円6ポイントになったボーナス分もコチラに含まれた状態でマリオットボンヴォイアカウントへ移行されます。
赤枠で囲った部分が、マリオットボンヴォイ参加ホテルを利用して付与されたポイント分
ベース+エリート+追加ってのがありますね。ベースはマリオット利用の基本ポイント。1米ドル10ポイント付与分です。エリートっていうのが、ステータスごとのボーナスアップ分。ぱんだらはゴールドステータスなので、25%ボーナスが付与されてます。
そして3,000ポイント追加。ここに、ウエルカムポイント500ポイント+この当時マリオットが実施していた滞在キャンペーン分の2,500ポイントが含まれている、という内訳です。
青枠で囲った部分が、マリオット紹介キャンペーンの付与分。
マリオットは毎年1/1から1アカウントにつき、5名まで新規会員の紹介が可能です。新規紹介したメンバーが入会から1年間の間にマリオットボンヴォイ参加ホテルを利用すると、1滞在につき2,000ポイントが、紹介者相互に付与されるのです。このポイントは付与されるだけなので、紹介した誰がどこに泊まったかはわからないようになっています。

問題は、この赤枠部分のホテル利用分のポイントがなかなか反映しない時😫。

そんなことあるの?って思いますが、たまにあります😓。
それも・・同じホテルで発生しがち。
・・ここからはぱんだらの予想になってしまいますが、マリオットボンヴォイ参加ホテルでも、運営会社はそれぞれ異なるため、マリオットのシステムとの宿泊実績の連携や処理・運用方法が全く異なるのでしょう。
宿泊した後の紙伝票を別セクションへ回付して、別途加算処理を行っているホテルもあるようです。

ぱんだらも、10日以上宿泊実績も、ポイント付与もされない事象がありました。それはやはり同じホテルで起きてました。

でも、そんなときは、「事後加算申請」という仕組みを使えば大丈夫!
(マリオットメンバーデスクへ電話しても、公式サイトから事後加算申請を行ってくれと言われます。)
詳しく説明していきまーす!

簡単!ポイント未加算分の事後加算申請方法はこちら

まず一番最初に用意するものとして、
・ホテル滞在の領収書のデジタルデータ もしくは
・紙面領収書の滞在記録がわかる部分を明確に写した画像データ

が必要です。 

マリオットボンヴォイ・マイアカウントから、アクテビティへ。一番左下の「未加算の滞在を報告」を
クリックします。

地味なところにあります。モバイルアプリにももちろんあります!

そうするとこんな画面に。
ステップ1を入力します。サードパーティ云々は、公式サイト以外はポイント加算されないよ?って言ってます。もちろん、じゃらんや楽天トラベルで予約していたら、そもそも対象外です!
なので、未加算申請の場合は、ここは「はい」一択!

予約番号はメール等の履歴から確認しましょう。宿泊実績そのものがないため、マイページで確認できなくなっているはず。

ステップ2を入力します。予約確認番号を入力すると早いのですが、この時点で宿泊はすでに完了ステータスになっているため、マリオットサイトのマイページ上、マイトリップの今後の予定にはいないわ(過去日だからね)、過去の宿泊にもいないわ(処理されてないからね)という、どっかいっちゃった状態になっています。🙄🙄

なので、メール等から履歴を確認したりして予約確認番号を拾うか、オプションなので、ぶっちゃけ未記載でもいいかと思います。

チェックイン日ですが、ここは「宿泊日から10日経過していないと入力できない」ロジックが入っていますので注意。(10日はちょっと待ってみてくれよ・・ってことなんですかね)

ホテル請求書についてですが、「はい、持ってます」にするとアップロードへ遷移しますので、そこでデータをアップしてください。

数日後、無事メールをいただき、処理完了!アカウントへの加算も確認できました!

請求書写しを捨てたり失くしたりの場合は?デスクへ相談!

今回は、未加算にすぐ気づいたのでサイトからの申請で問題解決でしたが、数か月後「あれ?」っとなることもありますよね!?
そしてその時にはもう請求書を捨てちゃったり、失くしちゃったりということもきっとあるでしょう。

また、実はホテル利用の未加算だけでなく、たまにポイント購入キャンペーン(50%ボーナスなど)のボーナス付与もれ、などもたまにあったりします。😓😓←これはたぶんアメリカでのうっかりと思われる・・。

そんなときでも、マリオットメンバー専用デスクへ相談すれば大丈夫です。

購入ボーナス付与もれも、電話ですぐ対応してもらえましたし、実は1回目のホテル利用未加算も電話だけで済みました。(ホテルへ処理の催促をしてもらうという流れだったのですが)
マリオットメンバー専用デスクのカスタマー対応は素晴らしいので、きっと調べて対応してくれるはずです。

一般デスク  :0120-925-659
ゴールドデスク:0120-925-759
プラチナデスク:0120-925-958

平日 (9:00~20:00)
土日祝(9:00~17:00)※年末年始はお休み

くれぐれも間違い電話にご注意を!ご自身のアカウント番号(会員番号)も控えておいてくださいね!

ポイント&キャッシュで予約した宿泊は付与対象外

マリオット公式サイトで、ぱんだらがよく利用するのが「ポイント&キャッシュ」の宿泊予約。

決められたポイント+数万円のキャッシュを支払うことで、高価格帯のプランを予約でできるので、ぱんだらのポイント獲得の原動力になってます😍🥰
リッツ・カールトン東京の10万以上するクラブラウンジアクセスつきルームなど、これで予約できました。

しかし、規約上、ポイント&キャッシュはポイント獲得対象外。
ウエルカムギフトとしてのポイントはもらえます。また、お部屋代以外に、別にレストランやスパを利用した代金は、別途としてポイント付与の対象となります。あくまで宿泊代金としてのキャッシュ分はポイント獲得対象外になりますので、ご注意ください。

いかかでしたか?

意外にマリオット、やらかすな!?と思われたかもしれませんが、

鉄壁のメンバー専用デスクが回転レシーブで受けてくれますので安心ですよ!!

マリオットボンヴォイの中身とその魅力についてはこちらの記事でご覧になって、ぜひ一緒にその世界を楽しみましょう!SPGアメックスカードのご紹介はこちらから!ニックネームでいつでもどうぞ。

タイトルとURLをコピーしました